Share on Tumblr
UPDATE: 2017年10月15日

MARKAWARE marka Utility Garments / 別注アイテム おすすめ着こなし6選

 
 

 
MARKAWARE、marka、Utility Garmentsの別注アイテムで作る着こなし6選
 
ESSENCEが別注したウールギャバ素材のジャケット、デニム地のジャパニーズカーディガン、マスタードカラーのチェックシャツ。本特集ではこれらのアイテムをメインに使用した6パターンの着こなしを紹介していきます。秋らしさを取り入れつつも鮮やかな色合いが映える秋スタイルに仕上げました。ぜひご覧ください。
 
 
 
 
pattern:1


 





 
 
【ジャケットをカジュアルスタイルに落とし込む】
 
 
海口「同素材でセットアップとしてはもちろんですが、ジャケット単体でカジュアルな着こなしも可能です。インナーにはパーカー、ボトムにはワイドパンツ、足もとにはスニーカーをチョイス。ジャケットのカッチリとした印象を残しつつもカジュアルダウンしたリラックス感のあるオフモードスタイルに仕上げました。ジャケット・ボトムはダークトーン、インナー・シューズはグレーと配色を統一することでまとまりを持たせたところがポイント」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 
pattern:2


 





 
 
【ジャケット×ノーカラーシャツ×コーデュロイボトムで上品に】
 
海口「ジャケットと相性の良いアイテムといえば、”シャツ”。こちらのスタイルにはカジュアルに着こなせるノーカラータイプのシャツをインナーにセレクト。さらにコーデュロイ素材のボトムで季節感を加えつつ、品の良いキレイめカジュアルスタイルに仕上げました。こちらのスタイルの大きなポイントは”カラー合わせ”。インナーとボトムをベージュ系で統一することにより大人っぽい印象のスタイリングに変化します。ボトムの丈感にも注目。ブランドならではのアンクルカット丈を選ぶことでよりお洒落な雰囲気をプラスしています」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 
pattern:3


 





 
 
【デニムカーディガン×デニムパンツのワントーン】
 
海口「今年チェックしておきたい着合わせのひとつが”DENIM×DENIM”スタイル。色落ちしていないデニムカラーで統一することでカジュアルさを抑え、より上品な印象に仕上げました。ジャパニーズカーディガンのゆったりとしたシルエットに対して他アイテムはすっきりとしたラインのものを選ぶことで、シルエットの違いを活かした着合わせに。インナーのタートルネックは敢えて薄手のニット素材のものをセレクトし、ボトムやシューズと調和させることで全体のバランスをとっています」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 
pattern:4


 





 
 
【デニムの色味と深みのあるボルドーの組み合わせがポイント】
 
海口「こちらはカーディガンのゆったりとしたシルエット同様、トップスに緩さのあるコットンニット、ボトムはワイドシルエットかつ太めのウールパンツをチョイスしました。ウール素材のアイテムを取り入れることで、より季節感のあるスタイルに仕上げています。落ち着きのあるトーンながら目を惹くネイビーの色味と秋冬シーズンをイメージさせるボルドーの配色や、ボトムにレングスの短いタイプを選んだところもポイント。それぞれのアイテム自体がもつゆるっとした形を活かしつつ、全体として見た時に綺麗なシルエットに見えます」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 
pattern:5


 





 
 
【マスタードシャツを羽織り感覚で取り入れる】
 
海口「カラー別注となるマスタードシャツ。秋冬らしく濃いイエローをベースとしたチェック柄で存在感抜群の一着です。こちらのスタイルではシャツのインナーにタートルネックを入れることでライトアウターのような感覚で使用しています。シャツ以外のアイテムにダークトーンをチョイスすることで、マスタードの色味をより際立たせたスタイルに仕上げました。ロング丈でゆったりとしたシャツのシルエットに合わせ、ボトムもゆとりのあるものを合わせています」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 
pattern:6


 





 
 
【ブルー系アイテムにマスタードカラーをプラス】
 
海口「挿し色としてマスタードシャツをイン。マスタードのカラーが引き立つよう、アウター・ボトムをブルー系でまとめ、シューズにも無彩色を選んでいます。ビッグシルエットで抜け感のあるデニムジャケットに対し、比較的ジャストなレングスのテーパードチノパンツをセレクトすることでワイド×スリムなシルエットのスタイルにまとめたところがポイント。」
 
 
————————————————–
使用アイテム
————————————————–


 
 
 
 


Recent Posts , ,