CURLY MONTHLY RECOMMEND -February-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベージュトーンでまとめたスタイル。ブルゾンはスポカジとの相性も抜群。ブルゾン、ボトムともにスポーティさがありますがブルゾンには生地のハリ感やコンパクトなシルエットによる大人っぽさも同居しているため、あくまでわざとらしくならない大人な着こなしが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

軽い装備でもしっかりとサマになるカーリーのスウェット。色褪せたようなカラーやラグランスリーブ、さりげなく配されたポケットなどシンプルの中にもディティールが散りばめられています。シンプルスタイルの足元にはハイテク系のスニーカーを合わせるっていう提案は今季もマストです。

 
 

 

 

 

 

 
 

 
 

コットン生地のコーチジャケットって新鮮ですね。主流はナイロンとか化学繊維だから。面白いのはコットンなのに撥水ということ。水がぽろんぽろんと弾いて吸収されないので汚れも付きにくくてメリットが大きいんですよね。羽織りとして着ていますがフロントを閉じてシャツとしても着られるアイテム。

 
 

 

 

 
 

 
 

 
 

 
 

ストレッチ性が高くて清涼感のある素材なので春夏らしいセットアップですね。ドレス感が強すぎると着られる場が限定されますが、こちらは普段使いできるアイテムです。時代とか関係なく長く着られるのがセットアップのいいところですよね。インナーにはオレンジのカットソーを合わせて今っぽく。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなコットンニットはデニム、スラックスはもちろん相性良く使えますが、今季トレンド感持ってスタイリングするならベージュトーンで合わせる、ラインパンツと合わせるといった要素を取り入れるのがオススメです。足元は革靴でドレス感をプラス。

 

 

 

 

関連する記事は見当たりません…