どんよりしない冬のブラック。

 

こんにちは。ES-WEBです。
普段私たちウェブ専任スタッフはコンテンツなどで表に出ることはありません(一部出ています)が洋服は大好きな人間たちの集まりです。洋服は自己表現できるいちばん手っ取り早い手段でもありますが、なんせ裏方。その性分のせいか、どうしてもブラックやネイビーなどの暗い色目のものを手に取りがちです。「目立ちたくないけど分かってくれる人には共感してほしい」というジレンマに常に突き動かされて洋服を選んでいる気がしています。
「濃い色を着ていた方が落ち着くし、自分を消しやすくていい」とは、とある人物の言葉。濃い色ってなぜか落ち着くんですよね。だいたいからして黒を合わせとけばとりあえず問題が起きることはないという魔法のカラーです。しかも「外出時、ちょっとキマってかっこいい」効果が得られるバフ付きカラー。無条件に手に取りたくなります。
ESでも数多くのブラックのアイテムを取り揃えています。普段黒しか着ないという方も多いと思いますが、2019年らしい着こなしや素材使いを意識しながら、新しいモノ選びをしてみましょう。黒一色でも選び方次第でいろんな表情になるところも注目してください。

 
 
 


 

 

 

 

 

 

全身ゆるりとしたサイズバランスでまとめたオールカズユキクマガイによるスタイリング。いずれもウールを使った保温力と見た目の上品さを保ったアイテム選びで、余裕のある大人のレイヤードを意識。足元には革靴を選んでいますが、ボリュームのあるスニーカーでも良いですし、キャップを被ってストリートに寄せても今風でアリ。歩くほどにベルトが揺れるのが何気なく高ポイントです。

 

アウター:KAZUYUKI KUMAGAI | ¥82,500

 

トップス:KAZUYUKI KUMAGAI | ¥23,100

 

ボトムス:KAZUYUKI KUMAGAI | ¥36,300

 
 

 

 

 

 

 

先程のカズユキクマガイが正統的モードのスタイルとすれば、こちらは力を抜いた丸首カットソーを用いたコートスタイル。ロングコートを使いながらもバッチリ決めすぎずにあくまで「普段着」として取り入れやすくした小物選びが重要。ソックスはホワイトを選んでも良し。コートとパンツは同素材のセットアップ使いとなっているため、テクスチャの統一感もバッチリ。

 

アウター:MARKAWARE | ¥91,300

 

トップス:MARKAWARE | ¥36,300

 

ボトムス:MARKAWARE | ¥39,600

 
 

 

 

 

 

絶大な支持を誇るアタッチメントのストールカーディガン(のロングタイプ)を中心とした比較的ライトなレイヤード。ポイントはシャツの下にタートルネックを仕込んでいる部分。陰影の目立たない同色の重ね着だからこそほぼ違和感なく使え、なおかつ暖かさも確保。上品な見た目とは裏腹に快適なの着こなしも冬には欠かせません。

 

アウター:ATTACHMENT | ¥36,300

 

トップス:MAIN ATTRACTION | ¥18,700

 

トップス:ATTACHMENT | ¥23,100

 

ボトムス:ATTACHMENT | ¥22,000

 

シューズ:NIKE | ¥17,600

 
 

 

 

 

 

 

こちらも同色だからこそ成立させることが容易なベストオンベストのレイヤード。フリースとダウンを重ねているので暖かいのは当然ですが、袖はロンTでスッキリ細く見せることができるのでシルエットにメリハリが出て一色でも単調になりません。上半身にボリュームを出した分、ボトムスは細いものを選ぶのがコツ。ロングブーツを仕込むとよりアダルトに。

 

ベスト:nonnative | ¥65,780

 

ベスト:nonnative | ¥36,080

 

トップス:nonnative | ¥16,280

 

ボトムス:nonnative | ¥27,280

 
 

 

 

 

 

 

カズユキクマガイユーザーであれば誰しもがするであろうブランドのスタンダード。フェイクレイヤードになったフード付きのチェスターコートはいかにもモードらしい風貌ですが、パンツはジョガータイプを選んでカジュアルとのバランスをとったスタイルです。印象が重くなりすぎないように足元は軽やかなスニーカーとホワイトのソックスで。

 

アウター:ATTACHMENT | ¥99,000

 

トップス:KAZUYUKI KUMAGAI | ¥22,000

 

ボトムス:ATTACHMENT | ¥22,000

 

シューズ:NIKE | ¥19,800

 
 

 

 

 

 

 

風合いがユニークなウールを使ったモールニットと呼ばれる素材のカーディガンは全体に丸みがあって可愛らしい雰囲気がウケの良い名品。メルトンやフランネルとは違った優しさがあって、普段のスタイリングも全く別物になります。ミドルアウター的使い方が理想なので、インナーに使っているトップスは首元が暖かなタートルネックがベター。上半身は質感が強いので、パンツはスラックスあたりで艶っぽく引き算しておくとちょうどいいバランス。

 

アウター:KAZUYUKI KUMAGAI | ¥63,800

 

トップス:ATTACHMENT | ¥16,500

 

ボトムス:MAIN ATTRACTION | ¥26,400

 
 

 

 

 

 

 

同スタッフが先に着ていたマーカウェアのコートと真逆のオーバーサイジングなミリタリーコート(デッキパーカ)は軍モノのアウターとしては定番ですが、黒になるだけでも見え方がグッと大人向きにシフト。ワイドのスラックスを合わせて全体を大ぶりに着るのがマーカらしさのある使い方と言えるでしょう。浅めのキャップを被ると全体が締まります。コートにキャップはおすすめ。

 

アウター:marka | ¥74,800

 

トップス:marka | ¥19,800

 

ボトムス:marka | ¥27,500

 
 

 

 

 

 

 

どっしりしがちな冬のコートも、カーリーだからできるカットソーらしい軽さと柔らかさが嬉しい。使っているパーカのファスナーがキラッと光るとちょうどいい感じでアクセントをつけてくれます。コンパクトで身軽で、動きやすくて、気負いしない。そういうスタイルにはカーリーがぴったり。前を全部閉めてしまえばカットソーだって風も防げます。

 

アウター:Curly | ¥41,580

 

トップス:Curly | ¥21,780

 

トップス:Curly | ¥9,680

 

ボトムス:Curly | ¥20,350

 
 


 

ES-WEBオンラインストアへ

 

Recent Posts , , , , , ,