Share on Tumblr
UPDATE: 2015年12月08日

【デザイナーインタビュー】KAZUYUKI KUMAGAIのブーツについて語る

 

look_novapel_0

名作が名作たる所以。

 
 
 
 

KAZUYUKI KUMAGAI 商品一覧へ

 

 

KAZUYUKI KUMAGAI / カズユキクマガイ
KA52-036 | 【直営店限定】 NOVA PEL オイルホースバット サイドZIPブーツ | ¥96,120 (税込)

 

 

 
 
 

直営店とフランチャイズ店のみで限定発売している【NOVAPELオイルホースバット サイドZIPブーツ】。新潟店で別注したナッパネビア サイドZIPブーツと同様の、ペコスブーツをモチーフにしたデザインだ。「名作」と名高いこの木型を、封印し、今敢えて起用した理由とは、一体何か。デザイナーの熊谷和幸さんに、この木型とデザインの誕生秘話、そして過去・現在を聞いた。

 

本特集はES PAPER MAGAZINE VOLUME.4に収録されていた内容です。

 
 
 
 

名作ブーツ誕生のきっかけ

look_novapel_1

「今から15、16年前と言えばグランジファッションやストリートファッションに東京のスタイルがミックスされた所謂、裏原系ファッションが隆盛の時期。その当時は、このタイプのブーツは日本国内ではあまり見かけませんでした。せいぜい感度の良い小さなセレクトショップが【カルペディエム】のようなアルチザン(職人)的なブランドを少し扱っていただけ。欲しいのに無い。『それなら自分で作ろう!』というのがキッカケでした」

 

※やや反り上がったトゥや足首のくびれ、やや高めのヒールといったKAZUYUKI KUMAGAIのバランスセンスがフォルムに現れる。

 
 
 

この形の理由

look_novapel_5

「当時はポインテッドトゥのような先の尖ったシューズ、あるいはワークブーツのようなボリューム感があるブーツばかりでした。様々なブーツのラスト(木型)を研究しました。特に参考になったのが、丸いトゥのウエスタンブーツやペコスブーツ。何度も試作を重ね、シーズンを重ねるごとにブラッシュアップを繰り返してこのシルエットが生まれました。トゥ先が細くなり過ぎず、丸みを帯びていてほんの少しだけ反り上がっている感じ。決して主張しすぎないけれど、男らしさがある雰囲気で様々なスタイルに自然と馴染むシルエットだと思っています」

 

※試行錯誤を重ねフォルムにこだわったという丸みを帯びたトゥ。ワークブーツを参考にしながらもドレッシーな印象も。

 
 
 

プライスとクオリティのバランス

look_novapel_4

look_novapel_2

「決して高すぎるとは思っていません。ウチの靴は一日何十足と作れる物ではありません。数少ない職人さんが手作業で組み上げています。彼らに限った事ではありませんが、職人の方々へのリスペクトと感謝の気持ちは、常日頃から忘れたくないと考えています。もちろん現実的に年々使用する原材料は高騰しており、プライスをキープする難しさも感じます。だからと言って、素材自体を妥協する事はできません。自分でしっかりと吟味して選んだ素材で、彼らの力を思う存分に発揮してもらいたいと考えています」

 

※最近のサイドジップブーツではYKKのExcellaが採用されている。強度に優れ、きらびやかな美しい光沢もブーツを演出する。
※ペコスブーツをモチーフとしたアッパーの切り替え。ワークらしい風貌と、本来のペコスにはないギュッと細い足首が特徴。

 
 
 

FC別注NOVAPELブーツについて

look_novapel_3

look_novapel_6

「デザインソースは新潟店での復刻も記憶に新しい【ナッパネビア】シリーズ。このタイプのブーツは7、8年前に時代の変革と共に生産を中止してしまっていました。【ナッパネビア】もそうですが、ウチのユーザーの方々の中では『このタイプのブーツが一番ATTAHCMENTらしい!』と感じていただいているみたいで。今回使用したNOVAPEL社のホース(馬革)は非常に希少性も高く、何かスペシャルなプロダクトを作りたいなと考えていました。インラインではワンピースブーツタイプ(アッパーが一枚革になっている)も発表していますが、ウチのファンである皆さんが待ち望んでいるこのタイプを直営店とFC(フランチャイズ)店のみの限定という形で今回復刻しました。革本来が持つ表情、素材感を楽しんでほしいと思います。着こなしもジャケットと細身のボトムスでシンプルに。ミニマルな表現で素材の良さを引き出すというのは昔から変わらぬブランドのコンセプトですから」

 

※グッドイヤーウェルト製法により作られており、コバに縫い目が見える。エイジングによる美しい革の変化を残したまま履き続けられる。
※ヒール部分にはVibram® 5350を使用。デザインを邪魔しないスマートで耐久性に優れたモデル。

 
 
 

———————————
熊谷 和幸
専門学校卒業後、三宅一生に師事し、1999年ATTACHMENTをスタート。着る人の「付属品」として内面から引き出す洋服作りを展開。2008年からは自身の名を冠した、海外向けコレクションのKAZUYUKI KUMAGAIをスタート。ストイックな素材使いやミニマルなパターン、美しいシルエットが好評。

———————————

 
 
 
 
 
 
 

look_novapel_8

 

KAZUYUKI KUMAGAI / カズユキクマガイ
KA52-036 | 【直営店限定】 NOVA PEL オイルホースバット サイドZIPブーツ | ¥96,120 (税込)

 

 

 
 
 
 
 

 

banner15aw_kk

 

banner_regist

Recent Posts ,

TOP