Share on Tumblr
UPDATE: 2016年08月14日

KAZUYUKI KUMAGAI 2016AW “HOW TO USE” -ロングジャケット編-

 

kk16aw_ss2_0

 

ロングジャケットの使い方
KAZUYUKI KUMAGAI 新型ジャケット。クラシカルな見た目とすっきりとしたシルエットで、注目を集めるアイテム。
コートとジャケットの中間のような、”ロングジャケット”のスタイリングをご紹介します。

 
KAZUYUKI KUMAGAI 商品一覧へ

 
 
 
 
 

今回ビッグシルエットが目を引くなか、現在店頭で人気が高いのがこちらのロングジャケット。スリムシルエットの構造かつ、適度に厚みがある素材でインナーの内容変化で秋~冬手前までは着用可能です。

 
 
 

KAZUYUKI KUMAGAIの得意とする直線的なカッティングによって作られたシャープなデザイン。着丈はコート未満、ジャケット以上。コートが膝くらいまでの長さにたいして、これは腿くらい。コートを苦手としている方でも着合わせし易いのが魅力です。

 
 
 

着合わせは、バンドカラーロングシャツスキニーカーブパンツ。ジャケットの細さをキレイに出したいので、パンツはスキニーシルエットをチョイス。インナーにロングシャツを入れたのは、全体のバランス確保のためと、ウエスト位置を隠すため。上半身と下半身のつなぎ目であるウエストライン(パンツのベルトループがあるくらいの場所)を隠して境界線をぼかしてあげると脚長効果・美脚効果が狙えます。

 
 
 

「メンズで美脚って!」と思うかもしれませんが、画像のようなライトカラーはブラックといったダークトーンにくらべて腿のムチムチ感が目立つことがあります。着丈長いトップスで少し隠す程度でも見え方が大きく変わります。

 
 
 

シャツは襟付きもありますが、カチっとしすぎないようにバンドカラーを。代替案としては、KK62-061といったセミロングのニットやタートルネックカットソーがオススメです。足元はワンピースブーツを。スキニーやスリムといったパンツにレザーブーツの合わせは、どのスタイリング・アウターにおいても好相性。

 
 
 
 
 

本特集で使用したアイテム

 

 

banner16aw_kk

 

banner_regist

 

Recent Posts