Share on Tumblr
UPDATE: 2016年09月05日

KAZUYUKI KUMAGAI 2016AW “HOW TO USE” -レイヤード編-

 

kk16aw_ss4_0

 

レイヤードをテーマにした着こなし方
前回まではアイテムに注目して紹介してきましたが、今回はちょっと変えまして着こなし方の紹介です。カズユキクマガイのアイテムは重ね着をして変化を楽しめるよう考えられたアイテムが多くあります。その中から選りすぐったアイテムを使ってスタイリングしていきます。

 
KAZUYUKI KUMAGAI 商品一覧へ

 
 
 
 
 

kk16aw_ss4_1

今回はレイヤードをテーマとした着こなしです。まずはインナーに使ったチュニックから解説を。店頭、WEB共に「バンドカラーってどう着まわせないいんですか?」というお問い合わせを度々いただいております。インナーとしてぜひ使っていただきたいのですが、レイヤード(重ね着)をするためにはある程度着丈の長さが無いと成立しません。カズユキクマガイではご覧の通りラウンドした裾が絶妙に覗きます。カットソーでも同じようにレイヤードテクが使えます。素材感から捉えて程良く上品に見せるならシャツ地、ラフに合わせるならカットソー、という選び方が良いでしょう。

 
 
 

kk16aw_ss4_2

そして上に羽織ったカットソー。アウターにも使われるしっかりとした生地ですので、下手なニットよりも防寒性が高く、カットソーと呼ぶには余りあるクオリティです。サイドに入ったスリットが今回のキモとなります。

 
 
 

kk16aw_ss4_3

中に使ったチュニックもサイドにスリットが入っていますが、こちらはより深いスリットを入れている為、しっかりと重ね着による変化を楽しむ事ができます。一般的にトップスのレイヤードとなると縦の変化がほとんどですが、カズユキクマガイでは横から見える部分にも違いが出るように設計されています。他のブランドでも申し訳程度にスリットを入れたりしてますが恐らくココまで考えているブランドは少ないでしょう。裾からはみ出ない程のインナーもスリットからチラっと覗かせる事もできます。
さらにポケットに手を入れやすいという実用的なメリットも。野球のピッチャーで例えれば、変化球が多いほど投球の幅が広がるように、着こなしでもギミックが多い方が様々な組み合わせが楽しめるということです。もちろんギミックの搭載によってゴチャつかせることがなく、あくまでシンプルに合わせられる点がポイントですね。

 
 
 

kk16aw_ss4_4

kk16aw_ss4_5

レイヤードをやり過ぎてしまうとだらしない印象がついてしまいますが、ダークトーンで合わせる事で落ち着いた雰囲気にうまくまとまります。

 
 
 
 
 

本特集で使用したアイテム

 

 

banner16aw_kk

 

banner_regist

 

Recent Posts