Share on Tumblr
UPDATE: 2016年09月14日

KAZUYUKI KUMAGAI 2016AW “HOW TO USE” -セットアップ編-

 

kk16aw_ss5_0
 

セットアップの着こなし方
今回はセットアップの着こなし方の紹介です。ここ数シーズン、セットアップは持っていて困らない、むしろ何を買うか迷う方には率先しておすすめしたいアイテムの代表格です。襟付きのシャツを着れば、結婚式の二次会等のパーティシーンに着用できますし、インナーを変えることで日常着としても楽に着れます。ですが、”セットアップ”と聞くだけで、「(ビジネス)スーツみたいで嫌だ」「休みの日までかっちりしたくない」というような食わず嫌い的な発言も多く聞き、上下単品でご購入される方も少なくありません。それはなんとももったいない。今回はカズユキクマガイのセットアップを使い、日常着として使える3パターンの着こなしを紹介します。

 
KAZUYUKI KUMAGAI 商品一覧へ

 
 
 
 
 

1、カットソーを合わせる
 
 


 

 

 
シンプルにカットソーのみを入れたスタイル。シンプルな中にも前回の特集であったように”着丈の長さの変化”をつけてレイヤードさせています。ただのカットソーのみだと変にカッチリしてしまいがちなので、ロング丈や今期のキーカラーであるキャメルで印象的な部分を加えています。

 
 
 
 
 

2、ストールジャケットを合わせる
 
 


 

 

ジャケットの襟が見えるとどうしても”カッチリ”とした印象を感じてしまいます。そこで、ストールジャケットを入れて、襟元から首元、裾までに掛けてボリュームを出し、まさに”ストール”を巻いているようにしています。これは他の色でもいいんですが、同色にするとジャケットの襟がぼかせてよりいいですよ。モード感も際立ちます。

 
 
 
 
 

3、ATTACHMENTボーダーカットソーを合わせる

 
 


 


 

 

KAZUYUKI KUMAGAIのアイテムだけで合わせるとちょっとモード色が強くなるので、最後のスタイルはATTACHMENTボーダーカットソースニーカーを合わせてます。紹介した3パターンのスタイル全てに共通するのですが、”着合わせを考えなくて良いアイテム”を使っています。最初の2つでKAZUYUKI KUMAGAIのブランドらしい印象を持つスタイルをしましたが、こちらはどちらかといえばカジュアル傾向。さすがにこれでレジャーとはいきませんが、遊びに行くなら気軽に行けるスタイルではないでしょうか。足元をNIKEReebokなどのハイテク系スニーカーにしてもいいですね。

 
 
 
 
 

本特集で使用したアイテム

 

 

banner16aw_kk

 

banner_regist

 

Recent Posts ,

TOP