Share on Tumblr
UPDATE: 2015年08月22日

Lounge Lizard (ラウンジリザード) Loro Pianaを使った究極のスーツ

 

news150822_0

Lounge Lizardが提唱する、極上ジャケット&スラックス

テーラリングを基本としたシャープでスマートなスタイルに定評のあるLounge Lizard。
ブランド立ち上げ時から継続して提案している、ジャケットカジュアルのスタイルは15年以上経過した今ではメンズファッションにおいて「定番化」しました。中でもよりドレスに向けたスーツは毎シーズン評判が高く、新潟店では全国でもトップクラスのヒット作となっています。
そして、2015年秋、また新しいスーツが到着。ブランドが以前より起用しているLoro Piana(ロロピアーナ)の生地を今回も使用しています。中でもオールシーズン使っていただくのにピッタリな「FOUR SEASONS Super 130’S」というシリーズを使用。

 
 
 

news150822_2

Loro Piana “FOUR SEASONS” Super 130’S

Super 000’Sは「1kgの原毛から何kmの糸を引くことができるか」を基準としており、数値が大きいほどに糸は細くなっていきます。その分きめ細かく美しい艶を生み出す高級品として扱われる一方、細くなればなるほどに繊細で扱いづらくなっていく側面があります。一般的に高級スーツのボーダーラインは100以上とされ、有名な高級スーツとなると160〜200ほどにもなっていきます。
130という数値は、扱いやすさと見た目の美しさのバランスが良く、普段から日常的に袖を通すのに最適な生地と言えます。
以前、原料の価格高騰によりLounge Lizardでもコレ以上の値上げはお客様の手に届きにくくなるということで、一時期リリースの中止を検討していたほどでしたが、メーカーの努力によりほぼ据え置きの価格で今期もリリースされています。
男性なら一着は持ちたい「良いスーツ」。それなりに値の張るものですからどんなタイミングでも着られるものが良いですよね。「FOUR SEASONS」はその名の通り、春夏秋冬どんな季節でも着られる生地です。本来ウールは保温性だけではなく、シワの付きにくさや蒸散性に優れ夏は涼しく、冬は暖かく着られる素材です。

 
 
 

news150822_3

news150822_6

news150822_4

news150822_5

身体に無理なくフィットする細身のシルエット

きちっと仕立てられたジャケット。
長年作り続けられてきた経験値に基づいた確かな作り。ブランドの特性上、音楽のジャンルである「モッズ」から着想を得てきたので「背広」から連想するような太さとは無関係。無駄がなく、身体のラインをシャキッと引き締めてくれるシルエットが評判です。
特に腕の細さや腰のくびれ具合が絶妙。やりすぎると「カッコつけた」印象になりがちですが、非常にバランスが良い。2015年秋のコレクションでは今までのジャケットと比べ微妙な差ではありますがサイズ感を調整し、より着やすく、よりキレイなラインが作れるように仕上がっています。
仕事はもちろんのこと、冠婚葬祭のあらゆる場面で着用が可能。ジャケット単品使いも可能です。カットソーやデニムと合わせドレスダウンすることも想定しています。

 
 
 

news150822_7

news150822_8

news150822_10

news150822_9

脚を自然に、美しく見せるためのスラックス

こちらもジャケット同様、今期よりマイナーチェンジが図られたスラックスです。Lounge Lizard独自の「開発」により腰回りの改善が図られています。
今まではかなり細く、それこそモッズスーツに近い印象できることができたファッション性に富んだシルエットが特徴でしたが、今期品は今まで以上に冠婚葬祭への対応が柔軟になりました。相変わらず股上は浅く設定され、細身でストンと落ちるストレートシルエットですが、腰回りと裾までの横幅を微妙なサイズでゆるくしています(と書くと「太くなった」と思われがちですが、若干のサイズ調整です)。
スラックスの裾は「フラシ」という状態になっており、裾上げすることを前提として作られています。

 
 
 

news150822_1

走攻守のバランスがとれた究極のスーツ

この品質でこの形でこの価格、というバランスは他ではちょっと見かけません。
他のブランドでも細身のスーツを出している所は多くありますが、Lounge Lizardのスーツの良さは「シンプル」に尽きます。変にデザインすることもなく、わざとらしい形にすることもなく、それでいて生地は世界でも極めて高い評価を受けている生地を使う。ブランドの主張はなく年齢問わず使うことができる。そして扱いも比較的ラクで、年中使える。このバランスの良さから「究極のスーツ」と定義しています。
男性なら一着は持っておくべきスーツがLounge Lizardのスーツなのです。

 

ちなみにモデルは177cm、60kgでサイズ1を着用しています。彼はタイトなスーツスタイルを好むので、普段であればサイズ2を着ている所を、1サイズ下げて着用しています。

 

【注意点】
裾上げや丈つめなど、こちらで対応できますが、サイズが合わなかった時に返品交換はできませんので、ご購入後に調整するのがオススメです。特に今期はシルエットの変更がありましたので、ご注意ください。

 
 
 
 
 

BRAND: Lounge Lizard
NO: 5557
ITEM: LORO PIANA SUPER 130’s 2B JACKET
PRICE: 64,800 円

 

この商品を見る

 
 

BRAND: Lounge Lizard
NO: 6778
ITEM: LORO PIANA SUPER 130’s TROUSERS
PRICE: 25,920 円

 

この商品を見る

 
 
 
 
 

banner15ss_pre

 

banner15aw_ll

 

banner_regist

 

Recent Posts

TOP