Share on Tumblr
UPDATE: 2019年06月19日

nonnative × SUICOKE


 
S/S2019 SPECIAL DELIVERY nonnative × SUICOKE
nonnative® × SUICOKE® 第二弾!HUNTER SANDALとMARINER SANDALは2019年6月22日 (土) 全国一斉発売!
 
 


▶サンダルの別注について
今企画のためにオリジナルデザインで製作したサンダルタイプの2モデル。ソールにはグリップ性、クッション性が高い厚みのある〈Vibram®〉ソールを採用。フラットなソールではなく、歩行をしやすいようにつま先、踵にカーブをつけ、丸みのある形状となっています。
このソールをベースにデザインされた2モデルは、共に甲部分でサイズ調整ができる機能を搭載しているため、履く人の足に合わせ、よりフィットさせることが可能です。
両モデル共に〈SUICOKE〉のデザイン性と機能性をベースとし、ソール形状、厚み、ストラップの幅、ボリュームなど、細部にnonnativeのデザインを加えることで、サンダルでありながらスニーカーのような洗練された佇まいに仕上がっています
 





HUNTER SANDAL(NN-F3554)は親指と甲にかかる2ストラップタイプのデザイン。甲部分のライニングにクッションを挟み込み、肌触りの良いメッシュ素材を使用しているため、非常に柔らかい履き心地を実現しています。
 

 





MARINER SANDAL(NN-F3555)はシンプルなトングタイプ。アッパーのボリュームに対しトングを細くすることでシャープな印象を与えます。
 

 
 

BRAND : nonnative
ITEM :HUNTER SANDAL by SUICOKE
No. : NN-F3554
PRICE : ¥‭23,760‬(税抜)
COLOR : ベージュ、ブラック
SIZE : 8、9、10
 
BRAND : nonnative
ITEM :MARINER SANDAL by SUICOKE
No. : NN-F3554
PRICE : ¥‭17,120‬(税抜)
COLOR : ベージュ、ブラック
SIZE : 8、9、10

 
 
 

 
▶SUICOKEとは?
2006年にシューズブランドとして本当に自分たちが欲しい物、所有したい物だけを作っていく、挑戦的創造開発をコンセプトに高品質シューズをメインにスタートしました。特にシューズに関しては世界的ソールメーカーのVibram社との取り組みも深く、他社に先駆けて〈Vibram〉ソールを搭載したサンダルのリリースや、マーブル柄の〈Vibram〉ソールの開発など多岐に渡ります。また、2012年夏より独自開発のオリジナルサンダルラバーフットベッドを使用したサンダルを発表。2014年SSモデルではこのオリジナルサンダルラバーフットベットを更に進化させ、Vibram社との開発で作製した世界初となるオリジナルサンダルラバーフットベットを発表するなど、挑戦的な開発を継続する唯一無二のシューズブランドです。

 
▶サンダルの別注について
2年前、海の方に引っ越して色々と変化がありました。生活もそうですが、ワードローブにも変化が。
夏の靴=ビーサン、スポーツサンダル、スリッポン、エスパドリーユなど。もちろんみんな履いています。東京に居たときには、都会でそれらを履くことが、結構いいイメージでしたが、海側だと「いかにも」な感じがしていました。
実は、スイコック自体もっていなかったのですが、創設者である友人が近くに住んでいることが発覚。再び仲良くなり、自然と何かをやろうと。僕のリクエストは、靴下を履いて履くエスパ。鼻緒が調整できる雪駄のようなビーサン。〈ユッタニューマン〉のレザーサンダルのようなスポサン。
それらのリクエストを、1年かけて作ってもらいました。
2018年の夏にテストし、最終的に今年リリースとなりました。都会と田舎を行き来きするいまの自分にとって、どちらでも対応できるものに仕上がりました。

 
 

nonnative商品一覧へ

 


 

 

<2019年6月3日>


 
nonnativeとSUICOKEがコラボしたスペシャルプロダクトが2019年6月8日に発売します。今回は軽快さのあるエスパドリーユ仕様のチャッカシューズです。
 
 
nonnative x SUICOKE SCIENTIST CHUKKA




 





 
 

BRAND : nonnative
ITEM : nonnative x SUICOKE SCIENTIST CHUKKA
No. : NN-F3553
PRICE : ¥‭24,840‬(税抜)
COLOR : ベージュ、グレー、ブルー
SIZE : 26.0〜28cm
 
 

商品を見る

 

 


 
▶SUICOKEとは?
2006年にシューズブランドとして本当に自分たちが欲しい物、所有したい物だけを作っていく、挑戦的創造開発をコンセプトに高品質シューズをメインにスタートしました。特にシューズに関しては世界的ソールメーカーのVibram社との取り組みも深く、他社に先駆けて〈Vibram〉ソールを搭載したサンダルのリリースや、マーブル柄の〈Vibram〉ソールの開発など多岐に渡ります。また、2012年夏より独自開発のオリジナルサンダルラバーフットベッドを使用したサンダルを発表。2014年SSモデルではこのオリジナルサンダルラバーフットベットを更に進化させ、Vibram社との開発で作製した世界初となるオリジナルサンダルラバーフットベットを発表するなど、挑戦的な開発を継続する唯一無二のシューズブランドです。

 
 
▶チャッカシューズの別注について
今企画のためにオリジナルデザインで製作したチャッカシューズ。丸みがあり、ボリューム感のあるアッパーにジュードソールを組み合わせ、ブーツのような存在感をもつ、エスパドリーユ仕様となります。クラシックな佇まいながらアウトソールにはSUICOKEオリジナルのソールを採用、スニーカーのような快適さも兼ね備えています。またカラーも、ベーシックなBEIGEに加え、やや青みかかったGRAY、発色のよいBLUEの3色展開となり、スタイリングのアクセントとなる爽やかな色合いも特徴的です。

 

 
▶デザイナー藤井隆行氏コメント
 
2年前、海の方に引っ越して色々と変化がありました。生活もそうですが、ワードローブにも変化が。夏の靴=ビーサン、スポーツサンダル、スリッポン、エスパドリーユなど。もちろんみんな履いています。東京に居たときには、都会でそれらを履くことが、結構いいイメージでしたが、海側だと「いかにも」な感じがしていました。実は、スイコック自体もっていなかったのですが、創設者である友人が近くに住んでいることが発覚。再び仲良くなり、自然と何かをやろうと。僕のリクエストは、靴下を履いて履くエスパ。鼻緒が調整できる雪駄のようなビーサン。〈ユッタニューマン〉のレザーサンダルのようなスポサン。それらのリクエストを、1年かけて作ってもらいました。
一番こだわったのは、エスパ(SCIENTIST CHUKKA)の色目とソールの厚みです。特にソールに関しては、ミリ単位で何度もサンプルを作ってもらいました。2018年の夏にテストし、最終的に今年リリースとなりました。都会と田舎を行き来きするいまの自分にとって、どちらでも対応できるものに仕上がりました。
 

▶スタッフ着用イメージ
 

nonnative商品一覧へ

Recent Posts