ATTACHMENT 2021AW PICK UP ITEM STYLING - week 3〈 COLLARLESS BIG CARDIGAN 〉
ナイキエアフォース1のホワイト×ベージュが可愛すぎた♡
tabitoとは。デザイナーに聞いた10の質問
2021年秋冬 ES展示会 MARKAWARE & marka インタビュー
KAZUYUKI KUMAGAI 2021AW LOOK

ミニマルで洗練されたアイテムを展開しているATTACHMENT。2021秋冬がスタートし、早々に秋冬アイテムが揃いつつあります。本特集ではリアルタイムで使えるアイテムを毎週ピックアップしてスタイリングを紹介していきます。

WEEK 3 – 9.25

COMPRESSED PONTE JERSEY COLLARLESS BIG CARDIGAN

AG12-245

¥36,300(税込)

week3でご紹介するのは、ATTACHMENTでは定番生地のポンチを使ったカーディガン。カラーレスのジャケットのような綺麗な出立でゆったりとしたシルエットの絶妙なバランスは、ワードローブの丁度良い隙間を埋めてくれるアイテムです。
気温が下がり秋物がイメージしやすくなってきましたね。今週ご紹介するカーディガンは、ATTACHMENTでは定番のポンチ素材を使用。ストレッチ性が高い・シワになりづらい・ご家庭での洗濯が可能といった機能満載の素材です。所謂ジャージ素材をイメージしていただけると良いのですが、こちらは”圧縮”ポンチ素材のためやや厚地でハリが強いためラフな印象は一切なく気軽に大人っぽいスタイリングを楽しむことが出来るのでお出かけの際も気軽に袖を通せそうです。
まずは潔くセットアップで。リラックスシルエットのカーディガンはかしこまった印象が抑えられ、普段使いでも取り入れやすいですよね。インナーにこういったプリント物を差し込むことで程よくカジュアルダウンできフォーマルな印象を軽減、スニーカーでも良いですがレザースニーカーと合わせることでカジュアルさも持ち合わせながら品のあるスタイリングに。セットアップは1着あると便利ですよね、セットアップでも良し・バラして使っても良し。それが品よく着れて楽な着心地の物なら尚更です。
オーバーサイズのトップスに細身のパンツを合わせメリハリのあるスタイリングに。カーディガン単品で使う際は、パンツやインナーに近いカラーの物を合わせるとスタイリングが組みやすくなります。今回のようにダークトーンでまとめることで一体感が生まれ落ち着きのある雰囲気に。
パンツは化学繊維を使用した名作バイカーパンツを。いくつか展開のあるバイカーパンツの中でもスポーティーな顔つきなので、ポンチ素材のカーディガンとも好印象。足元にスニーカーを合わせれば今らしく、やりすぎていないスポーティースタイルを作ることができます。ATTACHMENTはモードとスポーティーを融合させるのが本当に上手なので、スニーカー需要が高い今こそこういったスタイリングで肩肘張らずにジャケパンスタイルを楽しんでいただきたいですね。
10月に入り気温が低くなってきたらこういった着合わせも良いですよね。カーディガン自体身幅・アーム幅もゆとりがあるので、重ね着をしても余計な膨らみができたり、ごわつく心配はありません。この上からコートを着れば難なく越冬出来ると思います。これからの時期にはインナーで体温調節が効くカーディガンは間違いなく重宝するはず。
オーバーサイズのカーディガンだからこそ、ゆとりのあるパンツと合わせてリラックス感のあるスタイリングでも◎ 今回合わせたマーカウェアのペグトップパンツは腰回りにゆとりこそありますがキツくテーパードを効かせているので、野暮ったさはなくスッキリとしたパンツ。腰回りに多少膨らみがあるパンツ(ワイドパンツとか)は、身幅が広めなカーディガンと合わせれば腰回りのボリュームが馴染み一体感がグッと増します。

タートルネックやスラックス調のパンツのおかげで上品な雰囲気な時は、足元はスニーカーを合わせて抜け感をプラス。カーディガン単品でも、使う色数を絞りまとまりを作ればスタイリングが組みやすくなりますよ。春秋には羽織として、冬場にはアウターのインナーとして活躍する汎用性の高い1着。ぜひお試しください。
WEEK 2 – 9.18

CO/RY STRETCH TWILL CURVE PANTS

AP12-234

¥27,500(税込)

week2でご紹介するのは、人間工学に基づいて作られたカーブパンツ。独特の湾曲した形状から生まれるシルエットは細身ながら着用時の快適性の高さが売りのアイテムです。生地には春夏に大人気だったコング2WAYアイテムと同様のものを使用しているため、横にも縦にも驚くほどよく伸びます。
往年のATTACHMENTユーザーの方は懐かしく感じるであろう”カーブパンツ”を使ったスタイリングです。 スキニーでありながらしっとりと伸びるようなストレッチ性を持ち、動きにくさは皆無。そして、元々湾曲したカーブシルエットを採用している為、膝の曲げ伸ばしもしやすく膝が出にくい点も魅力的です。
カーディガンのような軽めの羽織との相性が抜群です。落ち感のあるカーディガンと合わせる事で縦のラインが強調され、スマートな印象になると共にスタイルアップにも繋がります。また、今回使う色を2色に絞りました。全体の色数を抑え統一感を持たせることでスタイリングにまとまりが生まれるのでより、縦のラインがよりハッキリとしてきます。
続いてはATTACHMENTらしくMA-1と合わせてみました。リラックス感のあるトップスと細身のパンツは間違いない組み合わせです。レザーのMA-1は男らしさがありつつも、ミニマルに仕上げたデザインにより品のある顔つきに。上下ブラックを基調としたスタイリングなので、重たくなりすぎないようにインナーにはライトグレーを差し込み、軽く柔和な雰囲気になるようにしてみました。普段暗い色の洋服をよく着られる方は間違いなく重宝するカラーですので、持っておくと便利です。
そして、こちらのカーブパンツは先述の通り湾曲しているので、足を通すと前面に程よくシワが生まれるんですが、それがまたカッコいい。ワイドパンツがレギュラーアイテムになっている今だからこそ、細身のパンツも穿きたくなっている方も多いはず。 足元にはATTACHMENTのローカットシューズをチョイス。ソックスを覗かせることで軽さをプラスすることができます。細身好きの方はもちろん、細身のパンツを敬遠されていた方にもぜひ足を通していただきたいパンツですね。間違いなく感動していただけるはずです。
最後はワントーンに近い明るいスタイリングに。カーディガン同様、細身のパンツと着丈が長いシャツは好印象です。パンツはライトグレーをチョイス、ホワイトのシャツとグラーデーションを作ることでスタイリングに動きが生まれます。ホワイトの細身のパンツってキメすぎな雰囲気がするので、ライトグレーくらいが軽さも付与できて丁度良い塩梅なんです。
ホワイトだらけなのは少しハードルが高いので、インナーはベージュのニットを合わせることで大人っぽいカラーリングのコーディネートに。もう少し寒くなってきたらニットの下にタートルネックを仕込んで、より品よく合わせるのもオススメ。シャツやニットが品の良いアイテムなので、足元もレザーシューズで上品に合わせました。普通の革靴でも良いんですが、レザーを使用したスリッポンなら軽快で恰好が付きすぎないので、大人の休日はこれくらいがリアルだと思います。ワイドパンツがレギュラーアイテムとなった今こそ、細身のパンツを取り入れてスタイリングの変化を楽しんでいただけたらと思います。
WEEK 1 – 9.11

C/SI TYPEWRITER CLOTH L/S SHIRTS

AS12-216

¥30,800(税込)

week1でご紹介するのは、オーバーサイズのレギュラーカラーシャツ。 オーバーサイズのシルエットで仕上げており、ドロップした肩周りや長めの着丈がトレンド感を演出します。シンプルな無地シャツですが一枚でも着こなしのアクセントになります。
9月に入ったとはいっても寒暖差の激しいこの時期には、通年通して活躍してくれるシャツなんかが手に取りやすいと思います。 そこで今回はシルク・コットン混紡のオーバーサイズシャツをチョイス。きれいな顔つきのシャツではありますが、大きく肩を落としていたり、身幅を広く取っているからこそプライベートでも肩肘張らずに袖が通せるのが嬉しい所。
MARKAWAREのリラックス感のあるパンツと合わせました。上下ともにゆとりがあり今らしいスタイリングですが、どちらも光沢感やドレープ感があるので野暮ったさは皆無。私は”楽にカッコよく”着たいので、こういった野暮に見えないオーバーサイズのアイテムは非常に重宝します。また、パンツ・シューズは同系色のものを選ぶとスタイルアップにも繋がります。ワイドパンツを穿く際はぜひ試してみてください。
続いてはオーバーサイズのアイテムに細身のパンツを合わせたオーセンティックなスタイリング。スッキリとしたスタイリングがお好きな方はこういったメリハリのあるスタイリングならオーバーサイズのシャツを取り入れやすいように感じます。シャツは比翼仕立てにしておりATTACHMENTらしいミニマルさ・上品さを兼ね備えているので、大人の方にこそ手にとっていただきたいシャツですね。
個人的にこういったスタイリングを組む際は全体のバランスを取るためにのボリュームのあるシューズを選ぶように意識しています。今回合わせたATTACHMENT定番の”バイカーパンツ”は9分丈なのでシューズ選びも苦になりません。今回のようにハイカットシューズはもちろん、ローカットシューズと合わせてソックスを見せて軽さを演出しても◎ インナーも他のアイテムと色を合わせれば、統一感がぐっと増すのでお試しあれ。
最後は品のあるパンツと合わせてドレッシーなスタイリングに。 ATTACHMENTのセンタークリースパンツはポンチ素材を使用しており、高いストレッチ性・シワになりづらい・ご家庭で洗濯可能と3拍子揃った万能素材。ドレスな雰囲気を楽しみつつイージーケアで済む点が魅力的で、面倒くさがりな私にはありがたい仕様です。
足元にレザーシューズを合わせてよりドレスな印象を底上げ、カチッとすぎないようプリントが施されたカットソーで遊びをプラス。普通シャツにこういったパンツを合わせるとキメ過ぎな印象になりがちですが、リラックス感のあるシャツと合わせることで抜け感がありいい意味で力の抜けた丁度いい塩梅に。シャツの腕をまくったり、あえて洗いざらしでシワ感を楽しむのも良さそう。様々なスタイリングに馴染むこのシャツは即戦力として活躍しますし、コットンベースなのでぜひ通年通して着用を楽しんで欲しいですね。
ATTACHMENT