G-SHOCKのNEWスタンダード〈GA-B2100〉
ATTACHMENT デザイナーインタビュー 2022年秋冬コレクションについて
[SNEAKERS TEXT] New balance M990 GL5
フットベッドの生みの親〈BIRKENSTOCK〉で作る大人ラフスタイル - part1 〈Kyoto〉
Tシャツを着る夏2022
New Balance M1500

多彩なポジションで活躍するM1500

M1300の後継モデルとして発売。1000番台で初めてENCAPが採用され、SL-1の木型が採用されたスタイリッシュなM1500は、機能面・デザイン面でバランスの良いモデルだからこそ、発売から30年経った今でもファンの多いモデル。

New Balance / ニューバランス
M1500PGL
ITEM CODE:M1500PGL
¥28,600(税込)

商品を見る

New Balance / ニューバランス
M1500PNV
ITEM CODE:M1500PNV
¥28,600(税込)

商品を見る

将来的に玄関に残るシューズとは?


〈New Balance〉が保持するフラッグシップモデルがいくつかある中でも、更に一歩踏み込んだ人に支持されるM1500。
     
流線的なフォルムやパーツ構成を特徴にもつ900番台と異なり、直線的でメカニカルなフォルムを特徴にもつ1000番台。〈New Balance〉の象徴とも言えるM1300やその後継機となるM1400は、〈New Balance〉と言えば想像するオーソドックスなランニングシューズであるのに対し、今回ご紹介するM1500や後に続くM1600、M1700はその性格が如実に表れています。
     
M1500は1989年に初めて登場した背景もあり、当時の近未来的イマジネーションがそのまま具現化されたかのようなメカニズムがルックスからも見て取れますが、実際に〈New Balance〉が追い求めるランニングシューズとしての性能もキチンと内部に集約されています。
     
アッパーはピッグスキンスエードとメッシュのコンビネーションによる上品かつ上質な仕上げを施し、ミッドソールには「ENCAP®」が採用されました。ENCAP®は耐久性に優れたポリウレタン素材でクッション性に優れたEVA素材をサンドした構造をとっており、耐衝撃性・衝撃吸収性・優れた安定性を発揮。この組み合わせは当時の最先端技術の集結が実現したものであり、今も色褪せないデザインと履き心地が味わえます。 立体的に表現された控えめな「N」が大人の風格を漂わせますが、M991、M992、M993の系譜に見られるマークの扱いを、1000番台にシフトさせることでより筋肉質に解釈し直したもののようにも見えます。
     
〈New Balance〉のフラッグシップは「MADE」と総称され、米国製/英国製の2種に大別されます。M1500は英国製。ウィズはDながら比較的丸みがあるシルエットですがM1700と比べるとトゥにも角があり、直線的パーツを多用していることも合って全体的にはシャープさが際立ちます。 〈New Balance〉の代表的なラスト(木型)である「SL-1」が採用されているため、基本的にはスッキリめ。
     
見た目が似ている〈New Balance〉ですが、クッショニングや履き心地は違います。M1500は比較的硬さが残されているとよく評価されます。必要箇所にはしっかりクッションが効いているものの程良く硬さがあることで安定性に優れ、ランニングシューズとしての性能もさることながら販売員などの立ち仕事をしている人間にとって非常に心強い味方になる声があります。〈New Balance〉を愛用するファッション業界の人間が多いのはデザインと履き心地の両方を高い基準でクリアできることにあります。
     
デザイン的に〈New Balance〉の本流でもなく、900番のような言ってみればトレンド性のある見た目とも違いがあるので、〈New Balance〉は好きだけど流行に乗っかるみたいでちょっと900番は選びづらいなと感じる方でしたり、既にスタンダードなモデルはお持ちの方にとって食指の伸びるシューズではないでしょうか。
     
ボリュームがあるタイプのシルエットである反面、フォーマルなスーツスタイルにも違和感がなく(もちろん仕事でスニーカーが使えればですが)、MADE IN UKが醸し出すどこか品格を保つ佇まいがカジュアルで合わせた時にもバランス良く足元に彩りを与えてくれます。 こうした独特なポジション取りというのは他のブランドではなかなか難しいのが正直なところ。言うまでもなく他のスニーカーでもジャケットからショートパンツまでレンジの広い合わせ方に対応するものもたくさんありますが、〈New Balance〉のスニーカーだけが可能とする洋服との間合いというものが存在します。 とりわけM1500は位置取りが絶妙です。スニーカーブームによって数を持つようになった今、玄関に残るのはこういう存在なのだと思います。
       
発行日: 2022/01/28 〈 文=STAFF N 〉
 
商品ページはこちら