ATTACHMENT 2021AW PICK UP ITEM STYLING - week 9〈CASHMERE BREND CLOTH 3LAYER ZIPUP HOODED COAT 〉
vendor CARAVAN NIIGATA at ESSENCE EXCLUSIVE LOOK WINTER 2021
ホリデーシーズンにぴったりなゴールドチャームのナイキスニーカー!
小野部長、スニーカー買ってる?Part2
DAILY COAT STYLE SAMPLE 2021AW 今、コートを着るべき理由。【後編】

 

DAILY COAT STYLE SAMPLE 2021AW 今、コートを着るべき理由。【前編】

 

talk about…
今、冬のアウター事情でも最も勢いのあるロングコート。かつてのドレッシーな使い方とはまた違い、もっと気軽に、そしてしっかり良いものを選ぶ傾向があります。特にコロナ以降の洋服の選び方も顕著に変わったことで、スタイリングに大きな影響を及ぼしたのではないでしょうか。2021年秋冬ではESSENCEでも多くのロングコートを取り揃えましたが、今、なぜロングコートなのか。スタッフたちのスタイリングとともに解説していきます。
profile
岡崎直樹
ESSENCEの店長。明るく元気な接客が取り柄。好きなものはカレーライス、苦手なものは日本語。好きなブランドはマーカウェア、ノンネイティブなど。
佐鯉誉
ATTACHMENT/ESSENCEスタッフ。トレンドに敏感で多くのブランドに精通。家で挽くコーヒーに興味をもちはじめた。好きなブランドはアタッチメント、エイトンなど。

 
 


 
 
 

   後編はこちら

 
 
 

では、今回はコートの特集ということで岡崎くんからプレゼンがありましたね。

はい。2021年秋冬ではコートの需要が高いことと、ESSENCEで取り扱っている各ブランドからもコートのラインナップが非常に多いこともありまして。

まずは岡崎くんの作ったスタイリングから見ていきたいと思います。


 
 


 

STYLE.1

 

 

 
 


KAZUYUKI KUMAGAI|MILLED WOOL KNIT BELTED COAT(KC12-004) |¥107,800(税込)
ATON|ZERO TSURI URAKE HIGH NECK SWEAT SHIRTS (AT-KKAGIW0071) |¥36,300(税込)
ATON|ZERO TSURI URAKE SWEAT PANTS(AT-PRAGIW0070)|¥36,300(税込)
その他私物

 
 
 

先ずはこちらから。<KAZUYUKI KUMAGAI> MILLED WOOL KNIT BELTED COATを使ったスタイリングからです。

スウェットのセットアップを使ったトレンド感のあるルックですね。

 
 

 

 
 

そうなんです。このご時世で外出を控えざるおえない状況になってから自宅にいる時の格好でそのまま外出できる的なルームウェアが2020年から急激に伸びてきました。

インナーはESSENCEっぽさがありますけど、モード色の強い<KAZUYUKI KUMAGAI>のコートを組み合わせる、というのはうちならではですね。

良いMIXスタイリングですね。

今回ご紹介している<KAZUYUKI KUMAGAI>のコートはモード感が売りだけではないんです。しっかりとトレンドもおさえられていて、ステンコートやトレンチコートのデザインではなくガウンのようなデザインを取り入れています。
見た目はしっかりとラグジュアリーな雰囲気はありながらも硬すぎないというか。
 
朝起きてその上からコート羽織って出かけちゃう的な。業界では”HOMAL”「ホームウェアとフォーマルの融合」なんて言われたりもしています。

 
 

 

 
 

逆にこういったカジュアルなセットだと思い切りドレッシーなコートに振ってもいいですね。コートはメルトンですか?

厳密にはメルトンと違ってミルド加工っていう処理をしたウールニットです。着用時にずっしりとした重みがあるわけではなくニットらしいふんわりとした着心地です

これは冬いけちゃう感じなんでしょうか?

いけます。生地も縮絨しており風を通しづらい仕様になっています。生地の中でしっかりと空気を含み、逃しにくい構造になっていますので安心ですよ。

しかも、比較的に厚地ですし保温性はバッチリですね。

このコートだと割とキレイなインナーにも合いそうなので冬は出番が多そうですね。

比較的かさばるジャケットの上から羽織っても問題ありません。シャツとも相性が良いです。

 
 

 

 
 

ラペルが大きくて丈も長めでしっかり存在感がありますね。

まだまだオーバーサイズ人気が続きそうですが、過度なオーバーサイズは減ってきていて今回のコートも横に広がるようなオーバーサイズではないんです。ボリューミーに見えますが全体がスタイリッシュにまとめられています。

確かに。以前の<KAZUYUKI KUMAGAI>より装飾性が抑えられていてスッキリ見えますね。

 
 

 

 
 

背面には装飾を入れています。今季の<KAZUYUKI KUMAGAI>は絵画とか写真表現から着想を得てコレクションを作っているので抽象的なデザインをわかりやすく落とし込んでいます。

これくらいの装飾なら日常着としても袖が通しやすいですね。

さりげなさが良いですよね。

マーク・ロスコですかね。定かではないですが以前よりそういうインスパイアはありましたね。切れ込み的なインスパイアだとルーチョ・フォンタナかもしれないです。

デザイナーである熊谷さんのインスタグラムを見るとルーチョ・フォンタナの投稿もありましたのでそれが大きいかもしれませんね。

 

ルーチョ・フォンタナ…1900年代中期に活躍した抽象表現主義の画家。2色、あるいは3色程度の色の帯「マルチフォーム」の表現手法でスタイルを確立した。
マーク・ロスコ…空間主義運動の創始者であり、画家、彫刻家などの多岐にわたる芸術家。こちらも1900年代初期から中期にかけて活躍した。

 
 

 
 

見えづらいですが、留め具付きのストラップがついています。内側でストラップを留めてますが、前から出して留めることも可能です。

 
 

MILLED WOOL KNIT BELTED COAT / ITEM CODE:KC12-004

 
 

ミニマルさの中で遊びが入るのは<KAZUYUKI KUMAGAI>らしいですし、他のロングコートと大きく違うところですね。

 
 
 
 
 


 

STYLE.2

 
 


ATON|SUPER 160’S DOUBLE SAXONY BALMACAAN COAT(AT-SCAGIW0901) |¥108,900(税込)
UNIVERSAL PRODUCTS.|FLEECE ZIP CARDIGAN (213-60105) |¥35,200(税込)
UNIVERSAL PRODUCTS.|FLEECE TRACK PANTS(213-60511)|¥26,400(税込)
その他私物

 
 
 

これもメルトンコートですが、今度はステンカラーのタイプですね。

そうなんです。こちらは<ATON>のSUPER 160’S DOUBLE SAXONY BALMACAAN COATです。

 
 

 

 
 

サキソニーなんですね。しっとりとしたウールの風合いが写真を通してもとても美しいです。

このコートはコットンも混紡しているんでしたっけ?

そうですね。そして注目すべきは繊維の細さです。スーパー160’sはなかなか目にしません。一般的にスーパー120〜140’sが主流ですが、結局のところ繊維が細くなれば繊細になります。その為生地を二枚重ねにしコットンを微量に混ぜることで耐久性も担保されます。

 
 

 

 
 

160って超高級スーツ並の繊維ですね。

着用して動くたびに揺れる生地がそれを物語っています。だからこそ他に合わせるアイテムは力を抜いた物を選びたくなります。ちなみに合わせているアイテムは<UNIVERSAL PRODUCTS.>のフリースです。

これも1つ目のスタイリングと同じくカジュアルセットアップを使っていますね。このフリースもすごく良さそう。

 
 

 

 
 

仮に冬とはいえオールブラックで重厚感を出しすぎるのはどうかなと思い、フリース上下とインナーシューズは別の色を使用。ちょっと柔らかい雰囲気ですがコートを着れば締まりコーディネートもグッとまとまります。

このコート、ツヤのせいか真っ黒には見えないんですけど、それでもネイビーのアイテムと組み合わせると色の差が微妙に出ますね。先程のスタイリングもそうでしたけど、中に着ている白TEEが良いポイントになっています。

 
 

 
 

フロントは第一ボタン以外、比翼仕立てなんですね。

バルマカーンコートって基本的に比翼ありますよね。あとラグランなのもルールなのか、わりとセットって感じのディテールです。

そうなんです。<ATON>はユニセックスですが、色として強く出ているのはレディースが主です。その洋服作りにも要素が盛り込まれていて、ボタン一つとってもそう。比翼仕立てにしているのはメンズもありますが、ボタンの種類が少し違うんです。ボタンの厚さを薄くしていてより綺麗な印象に映るようにしてあります。

 
 

 

 
 

バルマカーンコートとして捉えるとパッチポケットのデザインって案外少ないかもしれないですね。普通に見えますけど、たぶん一般的にはスラッシュポケットのタイプですよね。<BURBERRY>とかだと貫通してるようなやつ。

あえてパッチポケットにしているのも一捻り加えたベーシックで今季のトレンド的な要素が組み込まれている気がします。原型はバルマカーンコートであり手持ちのアイテムともコーディネートしやすく困らないけれども少し従来の物とはどこか違う事をして新しさを見出している感じですね。

見た目はかなりシンプルでスタイルの幅はすごく広そうです。ストレートにスーツと合わせるコートとして考えても良いですし、大ぶりなのでトレンド感のあるトップスも組み合わせやすそう。

 
 

 

 
 

おっしゃる通りON/OFFどちらでも利用できるからこそ丁寧に扱おうなど惜しむ気持ちはありますが、逆にガシガシ使って長く愛用していってほしいですね。

この感じで税抜とは言え10万を切るのはすごい。総裏地じゃない分しっかり揺らぐ生地感も表現性豊かです。家着で銭湯に行くみたいな時は全部隠してくれてすごく良さそう。

 
 
 
 
 


 

STYLE.3

 

 
 


ATON|PURE CAMEL LODEN COAT(AT-SCAGIW0913) |¥154,000(税込)
ATTACHMENT|W/PE DOUBLE FACE KNIT CREWNECK PULLOVER L/S (AK12-231) |¥29,700(税込)
JUHA|3TUCK WIDE PANTS(10140802)|¥36,300(税込)
KAZUYUKI KUMAGAI|COW LEATHER SQUARE TOE ONEPIECE BOOTS(KA12-021)|¥85,800(税込)
その他私物

 
 
 

私からは<ATON>のPURE CAMEL LODEN COATを使ったスタイリングをご紹介したいと思います。

使っている生地はすごく綺麗なのですが、ガウンっぽいベルト付きのデザインで案外リラックスした印象です。

 
 

 

 
 

そうですね、身幅・アーム幅も広く取っているので着込んだときも窮屈になる心配は要らなそうです。
また肌当たりが非常に良い柔らかい生地なので、上品なドレープ感が生まれる点も魅力の一つ。リラックス感とドレスな雰囲気をうまく融合させた1着です。

ブラウンとブラックの色合わせも秋冬ならではの配色ですね。

 
 

 
 

秋冬のコートではウールが一般的ですがこちらはキャメル、所謂ラクダの毛を使用しています。キャメルは非常に希少な繊維で実はウールよりも細く・滑らかな手触りや光沢感が特徴なんです。
 
また、ラクダって砂漠などの昼夜で寒暖差が激しい場所に生息しているので保温性はもちろんですが、吸湿・発散性が高く常に快適な着心地を維持してくれる機能的な繊維なんです。

ふわっとした毛の風合いがウールとは違った表情に見えます。見るからに優しいですし暖かさが伝わりますね。ベルトは締めるスタイルがオススメですか?

 
 

 

 
 

個人的にはベルトを締めるスタイルがオススメです。
ベルトを締める事でウエストマークを強調でき、スタイルアップにも繋げることができます。トレンドとしてウエストマークやベルトオンが注目されていますし、単純にばたつきを抑える為だったりフロントを開けておくと寒いので締めていただくのが良いかと思います。

ESSENCEのアイテムの場合は「スタイルアップ」という観点ではなかなかモノ選びをしないので、ちょっと新鮮です。ワイドパンツの需要が当たり前になった今ですと、ウエストの位置は比較的高めに設定されることも多く、無意識的にはそうだったのかもしれませんが。たしかに防寒の意味では閉じている方がいいですね。

 
 

 

 
 

陽が当たった時にキャメルの雰囲気がしっかり出てキレイですね。

良い表情ですよね、またウールコートとは違った雰囲気を楽しんでいただければと思います。
 
パンツはブラウンの物を選び季節感をプラス、コート同様ドレープの強いパンツと合わせれば一体感が増し縦のラインが強調されるので上品でスマートなスタイリングになります。
また、インナーは重さを軽減するため中間色の物をチョイス。タートルネックにハイゲージのニットを合わせれば冬場も問題ないですし、品の良いコートにしっかりマッチします。

 
 

 

 
 

ベルトを締めずに開けている写真を見ると、大きい身頃の分、生地のドレープがしっかり出ていますね。今回は中にニットやタートルネックなど品のあるものを選んでまとめていますが、岡崎くんのスタイリングにあったようなカジュアルなトップスを使ってもコートが活きるかもしれませんね。

そういった組み合わせも良さそうですね。
ドレッシーなスタイリングでも良いでしょうし、カジュアルなアイテムと合わせても馴染んでくれるので見た目以上に汎用性の高いコートといえますね。

 
 
 
 
 


 

STYLE.4

 

 
 


ATTACHMENT|W/Ca/He JACQUARD CLOTH SINGLE – BREASTED COAT(AC12-206) |¥104,500(税込)
I|Pullover Wind Shirt (213-20303) |¥41,800(税込)
ATTACHMENT|MERCERIZATION JERSEY L/S T-SHIRT(AJ12-219)|¥16,500(税込)
NIKE|NIKE AIR MAX 90(CN8490-001)|¥13,200(税込)
その他私物

 
 

最後は<ATTACHMENT>のW/Ca/He JACQUARD CLOTH SINGLE-BREASTED COATを使用したスタイリングです。

グラデーションをジャカードで表現したというすごいコートですよね。一応ブラックというカラー名ですけど、グレーグラデーションが印象的です。


 
 

 

 
 

<ATTACHMENT>はミニマルでシンプルなアイテム展開が多いこともありLOOKでもひと際目を引きますよね。
こういったグラデーションコートは<KAZUYUKI KUMAGAI>2017AW以来のリリースなので、往年の<ATTACHMENT>ユーザーの方は懐かしく感じるのでは無いでしょうか。

たしかにありましたね。あのコートに比べると丈も長くなっていますね。今まで紹介してもらったコートと比べるとかなりスッキリしたシルエットに見えますが、最近の<ATTACHMENT>らしくある程度ゆとりがあるようにも見えます。

今季<ATTACHMENT>から展開されているアウターは基本的にゆとりのあるサイジングとなっています。
ただ、視覚的にスッキリと見えるようなパターンやアーム・身幅に抑えられているので、過度なオーバーサイズというわけではありません。楽に着れてスッキリと見える良い所をついています。

 
 

 

 

 
 

インナーは反してルーズな雰囲気のある<I>のセットアップですよね。いわゆるシャカシャカなナイロンの。<ATTACHMENT>のデザインソースではあまり見かけないアイのスポーティーなインナーをミックスしてるのもこのコートの印象がガラッと変わって面白いです。たぶん<ATTACHMENT>は想定していない着方じゃないかなと思います。

できる限りコートのグラデーションを引き立たせるよう、色数を絞りトーンの暗いアイテムと合わせました。<ATTACHMENT>ではスポーティーなアイテム展開もあるので、相性は良いかなと思います。また、襟の高い物と合わせる事で、品の良さを損なわずにスポーティーミックスを楽しめます。
こういった組み合わせはESSENCEならではですよね。

 
 

 

 
 

マスクとスニーカーもグレーですね(笑)<ATTACHMENT>に<NIKE>のスニーカーを合わせるのもうちっぽいです。
トレンド的にはロングコート+スポーツセットアップ+ニューバランスの900番台、というのが黄金比って感じでよく見かけますけど、AIR MAX使うのはあんまり無いんですよね。でもAIR MAX 90はモードにも振れるし使い勝手いいんですよね。

マスクとスニーカーは図らずもでした(笑)
私自身<ATTACHMENT>をよく着ますが、AIR MAXって取り入れやすいんですよね。今っぽいモードスタイルが作りやすいというか。AIR MAX 90はローテクの雰囲気も残っているので、ベーシックな顔付きのコートに上手くハマってくれます。

 
 

 

 
 

ロングコートにあまり馴染みのない方だったら、ストレートにブーツや革靴を使ったりせずスニーカーで気軽に合わせていただきたいですね。グラデーションのコートって着回しが難しそうな気もしますが、他にどんなスタイルで使えますか?

確かにグラデーションコートってスタイリングに悩むかもしれませんが、色数を絞る・シンプルなデザインの物と合わせる事を意識するとスタイリングは組みやすいと思います。
また、今回もインナーに使っていますが今季は各ブランドから豊富に展開のあるタートルネックやニット、カジュアルダウンさせてパーカーと合わせても良いですね。
あとは、コートのグラデーションで使われている色と合わせてトップスやパンツを選べば必然的に一体感が生まれますね。

なるほど、色のチョイスが大切ということですね。これだけモノトーンで統一しているので、どこか1点だけ差し色が入ってもキレイになりそうですねナイロンの下に着るもので、ちらっと見える面積なら結構強い色のグリーンとかイエローとかが入ってもかわいいかもしれません。

それも良さそうですね。モノトーンだからこそ差し色がキレイに映えそうです。
あとは各ブランドからストール等の展開もあるので、コートの下に忍ばせてレイヤードスタイルを作るのもトレンド性があっておすすめです。

 
 

 

 
 

コートの生地的にはどうですか?ヘビーメルトンのチェスターコートのような厚みはルックからは感じません。出番が来るのは10月頃からでしょうか?

このコートはウール・カシミヤ・ヘンプの混紡生地で、厚みも程よく見た目以上にライトに感じます。また10月下旬はグッと気温が下がる予報、最高気温が15度を下回る日なら出番が来そうです。とは言っても本格的に活躍するのは11月頃かなと思います。

 
 
 
 

 
 
 


 
 
 

ESSENCE ONLINE STORE